FC2ブログ

ご案内

ヨーロッパ旅行の日程
12月9日~17日 パリ(2015年) 
 6月 5日~12日バルセロナ(2014年)
 7月18日~25日パリ・ヘルシンキ(2013年)
12月1日~5日 パリ(2011年)
 5月 イタリア(ミラノ・フィレンツェ)(2011年)
 7月22日から7月30日 札幌からパリの往復(2010年)
 9月2009年・6月2008年・6月2007年

PAGE TOP

オルセー美術館の凄さ! 



07060761.jpg

07060763.jpg

いきなり写真を並べましたが、皆さんどこかで見た記憶があるものばかりでしょ。
私のような美術音痴でも、おお!!と叫んでしまうほどの名画が、そこここに!

もちろん額縁には入っていますが、ガラスもないんですよ。
そして、思わずさわってしまいそうなほどの距離で見ることが出来るのです。
もちろん、踊り子さんの衣装.....じゃなかった、絵画に直接触れてはいけません。
カミさんが絵画の部分を指さして話していたら、さわりそうに思ったのか係員の人が注意しに来ました。
もちろんさわるつもりはなかったのですが、世界中から色んな人が来るでしょうから、早めのチェックと言うところでしょうか。

そう言えば、暗い部屋で写真を撮るのに、ピント合わせ用の赤外線が発行するのですが、その光も注意を受けました。
ピントが合わない状態ではシャッターが切れないので、マニュアルでピント合わせをするか、写すのをあきらめた方がよいでしょう。

とにかく美術音痴のオヤジも大興奮でした。

お詳しい方でしたら、ルーブルの圧倒的な絵画の枚数に引かれるのかもしれませんが、私ならオルセーをオススメします。

小さくて時間もそれほどかかりませんし、何より『何億円!?』何て絵画がそのままお持ち帰りできそうな感じで並んでいるのです。
お持ち帰りはやめましょうね。
帰国できなくなりますよ!

とにかく、足の疲れも忘れさせてくれる、オルセー美術館の名画の数々。
パリに行った際は、是非行かれてみてください。

ここでもカミさんは、小さな子達が見ているのをうらやましげに見て、パリの子供達に嫉妬しているようでした。
パリに生まれていたら、絵描きにでもなりたかったのでしょうか?
結婚して24年が過ぎましたが、その辺りは聞いていないのです。

その他の旅行ブログ情報もどうぞ。
人気blogランキングへ

にほんブログ村 旅行ブログへ

テーマ: フランス - ジャンル: 旅行

PAGE TOP

コメント

以前行った時に、オルセーに行きましたので、今回は、オランジェリーのモネの睡蓮を観て来ました。

いつも、足が疲れているのやら、その価値が分からなくなるほどのあまりにもたくさんの名画に、じっくり、観る事を忘れてしまって、帰国してから、反省するのです。(笑)

れー | #- | URL | 2007/08/23 16:47 edit

沢山有りすぎるのも、価値を下げてしまいますよね。
今度いく時は、足を鍛えていかなくちゃダメだと実感しています。

ビリーに入隊しなくてはと思っています。(爆)

飛ばないマイラー | #xTofei8M | URL | 2007/08/24 15:47 edit

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fparis.blog104.fc2.com/tb.php/73-3243c6a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

プロフィール

最近の記事

カテゴリ

カレンダー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

パリの気温と時間

ブロとも申請フォーム