FC2ブログ

ご案内

ヨーロッパ旅行の日程
12月9日~17日 パリ(2015年) 
 6月 5日~12日バルセロナ(2014年)
 7月18日~25日パリ・ヘルシンキ(2013年)
12月1日~5日 パリ(2011年)
 5月 イタリア(ミラノ・フィレンツェ)(2011年)
 7月22日から7月30日 札幌からパリの往復(2010年)
 9月2009年・6月2008年・6月2007年

PAGE TOP

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --

PAGE TOP

2014年はバルセロナへ行きました。 

201406b000.jpg

2014年のヨーロッパ旅行はバルセロナ
以前、旅行2週間前にカミさんが骨折して断念したスペイン。

マドリード・バルセロナの予定でしたが、今回はバルセロナだけに6泊。
じっくりバルセロナを堪能しようとの思い。

しかし、出発直前にまたトラブル発生。
障害を持つ双子をショートステーの施設に預けての旅行ですが、預けにいく前日に39度の熱。
慌てて病院に駆け込んだが、原因不明。
解熱剤で様子を見ながら施設のドクターと電話で協議。

旅行はほぼあきらめながらも、朝熱が下がったので施設に連れて行くとまた38度。
取りあえず預かるというので、お願いして様子を見ることに。
医療的にもCTスキャンまであるところなので、我が家にいるよりは良いのかも。
夜には熱も下がったとの連絡を翌朝頂く。

急に30度を超えた6月の札幌。
体温調整がうまくいかなかったのかもしれません。
双子を預けた日から施設もエアコンが入ったと言う事で、体温調節も楽になったのかもしれません。

スペイン旅行は鬼門だなあと思いながらも、熱が下がって元気ですと聞けば....当初予定通りでかけることに。

朝5時半出発です。
国内にいるうちに施設から電話が入ると、旅は中止という何とも複雑な心境での出発。

新千歳で荷物を預け、荷物はバルセロナまでですが、搭乗券はスイスインターナショナルのトラブルでここでは出せないので、成田でもらってくださいとのこと。
そういえば2011年のイタリアに行ったときも、同じように言われました。
スイスの技術力もたいしたことはありませんね。

成田で無事搭乗券を頂いて、スイスインターナショナル航空のチューリッヒ行きに搭乗。
シートが新しくなったと聞いた気がするんですが、2011年と変わっていませんでした。

座り心地には問題ないのですが、最近のものと比べるとモニターは小さいのと小物入れが無いのが欠点。
以前乗ったときの記事

さて、相変わらずののんびり掲載ブログ、お暇なときにお付き合いください。

なお、フライトは追記しておきます。
このチケットは2013年8月にANAマイルのスターアライアンス特典で予約したものです。
必要マイルは21万マイル。
燃油サーチャージ他は11万7千円ほどでした。
どちらも2人分です。

[1] 6月5日(木) NH2152
札幌(千歳) - 東京(成田)
08:00発09:35着 飛行時間:1:35
特典普通席クラス / OK

[2] 6月5日(木) LX161
東京(成田) - チューリッヒ
10:25発15:50着 飛行時間:12:25
特典ビジネスクラス / OK

[3] 6月5日(木) LX1956
チューリッヒ - バルセロナ
17:20発19:05着 飛行時間:1:45
特典ビジネスクラス / OK

[4] 6月11日(水) LX1953
バルセロナ - チューリッヒ
09:45発11:40着 飛行時間:1:55
特典ビジネスクラス / OK

[5] 6月11日(水) LX160
チューリッヒ - 東京(成田)
13:00発07:50着(翌日) 飛行時間:11:50
特典ビジネスクラス / OK

[6] 6月12日(木) NH2153
東京(成田) - 札幌(千歳)
10:00発11:45着 飛行時間:1:45
特典普通席クラス / OK

テーマ: ヨーロッパ旅行記 - ジャンル: 旅行

PAGE TOP

コメント

PAGE TOP

コメントの投稿

Secret

PAGE TOP

トラックバック

トラックバックURL
→http://fparis.blog104.fc2.com/tb.php/621-cd2eea92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

PAGE TOP

プロフィール

最近の記事

カテゴリ

カレンダー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

パリの気温と時間

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。